水道水というと、昔は薬品を通じて水をきれいにして

水道水というと、昔は薬品を通じて水をきれいにしていた為に、「危ない!」という思い込みしか無く、夏季冷たく、冬場暖かい地中水を通じていました。地中水のほうが「おいしい!」というやつがなんともいた思い出が残っています。最近は除草剤以外、タイヤなどの石油雑貨が地中に染み込んで赴き、困った妨害が起き始めてある。それほど放射能汚染物体等にまつわる手入れ所建設は、湧水が沢山沸く地元の反対を無視して必ず造ろうとしてある。
予め、水の利権をめぐってコンペまでしたおしゃべりもあります。すなわち、どういう事か?というと、「水がないと性分は生きていけない」のです。きれいな水を奪い合い、どんどん、不純物を入れて殺してしまえ!といった言わんばかりの事を大丈夫でしてきた性分らは、このあたりで利権を閉め、皆で面白く取り扱う事が出来ないのでしょうか?川の利権もそうです。水は性分だけが扱うものではありません。鳥などのアニマルも水を使うのです。これを忘れている性分ら、思い出してもらいたい。
おすすめドッグフードランキング
放射能の恐ろしさを!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です